債務整理、過払いを行い、借金の返済プランを立て直しましょう。

どうにも現在の借金返済計画では返済ができない状況になったら自己破産しか方法が無いのではありません!債務整理では、場合によっては完済への道が開けてきます。

借金相談や過払い手続きの司法書士と弁護士の違い

借金相談や手続きは司法書士や弁護士によって違いがあります。 弁護士は法律業務の範囲に制限がありませんので、トータルサポートができます。また、代理人として相手と交渉や訴訟などができます。貸金業者も費用が掛かることもあり、早期和解に応じる可能性が高まりますので早期に過払い金の返還を実現しやすいという特徴があります。

司法書士には、140万円以下の案件や訴訟の代理ができるのは簡易裁判所のみなどの制限がありますので、訴訟できずに賃金業者に有利な和解になる場合があります。本来の専門は、不動産や会社の登記ですのでその違いが現れています。

借金の返済プラン

過払い請求

自己破産について

借金相談について

司法書士について

相続手続きについて