債務整理、過払いを行い、借金の返済プランを立て直しましょう。

どうにも現在の借金返済計画では返済ができない状況になったら自己破産しか方法が無いのではありません!債務整理では、場合によっては完済への道が開けてきます。

司法書士に民事再生を依頼する場合

司法書士に民事再生を依頼する場合、申立ての書類づくりをお願いすることはできますが、司法書士には代理権がありませんので、申立て自体は自分自身でやることになります。

近年では、司法書士に簡易裁判所での代理権を認めたりと、その権利の幅を広げてきてはいますが、自己破産や民事再生といった地方裁判所が管轄となっている業務を代理することはできないのです。

民事再生の中には、住宅ローンを支払いながら債務を圧縮したりと、民間の企業だけでなく、個人がそれを行う個人再生といった手続きもありますが、依頼をする場合は司法書士に依頼をするか、弁護士に依頼をするかは、よく検討したほうがいいかもしれません。

借金の返済プラン

過払い請求

自己破産について

借金相談について

司法書士について

相続手続きについて