債務整理、過払いを行い、借金の返済プランを立て直しましょう。

どうにも現在の借金返済計画では返済ができない状況になったら自己破産しか方法が無いのではありません!債務整理では、場合によっては完済への道が開けてきます。

借金の返済プランを立て直しましょう。

現在の借金返済計画では、どうしても返済ができない状況になったとしたら、自己破産しか方法が無いのではありません。

他にも方法はあります。諦めずに、返済が出来る様に交渉することで、借金を減らし人生設計を立て直しましょう。

債務整理では、個々の状況にもよって違ってはきますが、は完済への道が開けてくるのではないでしょうか。
詳しいことはお近くの弁護士、司法書士にご相談ください。

過払い請求をするためには、まず過払い金の金額がどれくらいなのかを計算することが必要です。そのためには貸金業者から情報を開示してもらうことが必要となるわけですが、そのために1ヶ月から3ヶ月くらいかかる場合があります。

取引履歴を元にして、利息制限法の範囲で利息を計算しなおして、どれだけ払いすぎているのかを計算することになります。

そして、次は返還を請求するために書類が貸金業者に送付されます。その後は、貸金業者との交渉が行われるのです。

きちんとした貸金業者なら返還には応じてくれますが、応じてくれない場合には裁判所に入ってもらって法的な処置を行うことになります。

このときには裁判を行わなければなりませんから、時間がかかることもあるでしょう。半年から一年くらいかかる事もあるようですから、ある程度の覚悟はしておかなければなりません。

返還に応じた場合には、合意書を取り交わすことになります。このときには交渉が行われる場合もあります。法的な処置を講じるためには時間がかかりますから、急いでいるときにはある程度妥協するのも良い方法だといえるでしょう。合意が成立すれば、その後に過払い金を受け取ることができるのです。

債務整理によって債権額を減らすことができる

複数の消費者金融から多額の借金をしてしまった場合には返済をするのも大変で、中には返済することが不可能になってしまう人もいます。 その場合には債務整理をして債権額を減額してもらうと言う方法がありますが、そのためには手続きがけっこう大変で法律に詳しくないと分からないことが色々あります。

ですからこのままでは借金を返済することができない場合には、債務整理に詳しい弁護士に相談をするのが良いです。 そして弁護士に依頼をすれば債務整理の手続きを行ってくれるので、一人で悩まずにどんどん話しを聞いてもらうことが大切です。

過払い金の問題は弁護士に相談で解決を

借金があるかたは、それだけが頭にあり、毎日返済などに追われて心身共に疲れてしまったと言うかたも少なくはありません。しかし、長期借り入れを繰り返していくことで必ず過払い金は発生します。

この過払い請求を行うことによって今ある借金がゼロになったり、場合によってはお金が返ってくることもあります。しかし、過払い金がいくらあるのか素人では計算が難しく、更には過払い請求はとても難解です。

そのため、近年では弁護士に依頼をされるかたが増えています。相談料が無料のところも多く、更には報酬は返済された額から数パーセント引かれるだけなので、持ち金がなくても解決へと導くことが可能と言えます。

借金の返済プラン

過払い請求

自己破産について

借金相談について

司法書士について

相続手続きについて