債務整理、過払いを行い、借金の返済プランを立て直しましょう。

どうにも現在の借金返済計画では返済ができない状況になったら自己破産しか方法が無いのではありません!債務整理では、場合によっては完済への道が開けてきます。

認知症の方がいる場合の相続手続き〜遺産相続の方法

遺産相続が発生して、相続手続きをしていく中で、相続人の内に重度の認知症の方がいる場合、その方は意思能力がないとみなされ、遺産分割協議に参加することができません。 その際は、法定後見という制度を使うことになります。

これは、裁判所に申し立てをして、法定後見人を選任してもらう制度です。その後見人が被後見人(認知症の方)の代わりに遺産分割協議に参加することになります。 法定後見人には、裁判所が指定した弁護士や司法書士などが選任される場合と、申し立ての際に後見人候補者として指定したご家族などが選任される場合があります。

借金の返済プラン

過払い請求

自己破産について

借金相談について

司法書士について

相続手続きについて